夢のマイホーム!注文住宅とは!?

注文住宅と建売住宅の違い

いつかはマイホームを持とう!と考えられている方も少なくはないのではないでしょうか?
実際に持とうと思ったとき、様々なマイホームの入手方法があります。
今回はそちらについて、簡単に説明させていただきたいと思います!

やはりマイホームを持つとなれば、一般的には注文住宅で頼みたい!という方が多く見られます。
注文住宅とは実際に建て主さんが要望を出し、どんなお家を作ろうかと考えて施工をお願いします。
注文住宅の中にもフルオーダーとセミオーダーがあり、フルオーダーは資材の管理から設計まで。
セミオーダーは基本的な仕様は建築会社が決めたものを採用し間取り、設備などを決めるものです。
一般的には注文住宅ではセミオーダーのことを指します。

注文住宅の他にも、建売住宅と言って元々建っているお家を買う、なんていう方法もあります。

注文住宅のメリット・デメリット!

次に、注文住宅にすることで発生するメリット・デメリットについて簡単に教えさせていただきたいと思います!

まず、メリットとしては圧倒的に自由度が高いことです。予算と法の下で許す限り、デザイン特化の家・生活の利便性特化の家・趣味に費やした家、どんなお家も作れます。
また、自分なりのこだわりを表現することも。自分の要望が多ければ多いほど、注文住宅にするメリットは増えると思われます。
逆にこだわりの無い空間はグレードを下げて予算を減らすということもできますし、なにより世界に1つだけのお家となります!

デメリットとしては予算をオーバーする場合があります。施工中、地盤が事前調査と異なったりする等で予想外の出費がでることも。
また、入居までに時間がかかったり、いざ出来上がったものと自分の想像したものが多少違ったりするということもあります。

いかがでしたでしょうか。
皆様の住みよい家づくりのきっかけになればと思います!

新築一戸建ての定義は、だれも住んだことがなく、建てられてから1年が経過していないということです。建てられてから1ヶ月の物件と、12ヶ月の物件ではそれなりに差があるので、よく確認をしておきましょう。